Press "Enter" to skip to content

週間 NFTニュース #57 Kevinというダークホース / NFTランキング 漫画 / クリプトヘルメッツ/ ヘルメッツ二次創作 コンテスト / Murakami.Flower

このメディアでは1週間のNFTの主要ニュースをピックアップ。NFTの大きな動き把握できるようにしました。本メディアは特定のNFTの購入を勧めません。紹介されたプロジェクトの安全性を保証するものではありません。投資する場合はご自身で調査を行っていただいた上で無理のない範囲での購買活動をおすすめします。

 

はじめに

先週の様子を見てみましょう

  • 2/28 (月) 「Space Doodles」のラウンチ
  • 2/28 (月) NFT鳴門美術館リニューアルオープンへ
  • 3/01 (火) 予想外のKevin人気。ぶさかわいい!
  • 3/01 (火) 渋谷109がThe Sandboxに進出
  • 3/01 (火) エイベックスがThe Sandboxに進出
  • 3/01 (火) デジセリ 地上波でNFTオークション開催!
  • 3/02 (水) Puma CoolCatアイコンに…
  • 3/02 (水) SBINFT Marketにリブランディング決定
  • 3/03 (木) Generativemasks ウクライナ版ローンチ
  • 3/03 (木) 三菱UFJ銀行、NFT事業に参入へ
  • 3/03 (木) スヌープドッグ、OpenSeaで音源をリリース
  • 3/03 (木) ユニバーサルミュージックとビルボードがNFTプロジェクトを立ち上げ
  • 3/04 (金) 「進撃の巨人」NFTプロジェクト始動
  • 3/04 (金) マイケルジョーダンNFTサイト「HEIR」立ち上げ
  • 3/04 (金) OpenSeaがイランをブロック。米国の規制によるものか
  • 3/04 (金) ウクライナDAO、NFT販売で600万ドル以上を調達
  • 3/05 (土)
  • 3/06 (日)

 

Kevinというダークホースあらわる

よくあるんです。最近とてもコレクタブルが増えたので、プロジェクトが滞ったり、期待通りのクオリティではないものがリリースされたこと。運営も星の数ほどでてきましたのでね。Kevinもそんなよくあることで終わると思っていたんですが…

Pixelmonというプロジェクトはピクセル画のモンスターを題材としたNFTです。彼らの炎上ポイントは、リリース前のピクセルアートのクオリティーはとても高く多くの人に期待を持たせました。ところが、リリースをしてみると、そのクオリティがリリース前の画と大きく異なっていました。

なぜかその中でもKevinと呼ばれるモンスターに脚光を浴びました。

Kevinだけがクオリティが低かった訳でもありませんが、その愛嬌あるキャラクターが多くの2次創作のベースとなりました。星の数ほどの2次創作が造られています

 

やっぱりありました。Kevinだけ集めたアカウント。こちらを見てもらうと日本だけでなく世界でこのブームが巻き起こっていることが見て取れるでしょう。

https://twitter.com/PixelmonKevin

人の心は移ろいやすいのでどこまでこのブームが続くかわかりませんので投機はやめておきましょう。でもたのしいですよね。このまま新memeが定着する世界も期待したいです。

miinのひとりごと NFTランキング

 #NFTランキング(条件:日本発NFTクリエイター/ゲーム除く)
OpenSea版:http://bit.ly/30taOA0

Foundation版:https://bit.ly/3tyFlsi

スマホアプリ:https://jp-nft-ranking.glideapp.io

■OpenSea

7日間取引量でソートしました

 

+95ETH/ 3位 PeopleInThePlaceTheyLove

+25ETH/ 4位 AMBUSH OFFICIAL POW! Reboot

 

アーティスト花井祐介さん、そしてVervalさんらのコレクタブルNFTプロジェクトが上位に。引き続き取引量が多いですが、最低価格は少しづつ落ちてきました。

 

+19ETH/ 4位 Metaani GEN

Metaaniは先週、販売以来最大の取引量に。新しくできたdiscordのCHでは活発な議論やファンアート、ホルダー向け投票なども開催されてました。

 

+7ETH/ 92位 NFT Marketing Orchestra

NFTマーケティングを学ぶことができるオンラインサロン(discordチャンネル)への入場権。イケダハヤト氏の紹介から注目が高まったようです。

 

+5ETH/ 59位 Drools&Pixels

ピクセルアーティストのmaeさんのプロジェクト。1点もののフルオンチェーンとなり現状71個がリリースされています。3/2に新作が0.23ETH~のダッチオークションで発売され。ほぼ値段が下がることなく即完売、今回の売上(4.6ETH)は全額ウクライナへの寄付に使われました。

https://opensea.io/collection/drools-and-pixels

漫画 クリプトヘルメッツ

by Sai

Saiさんの漫画も2次創作に入りますね。形が変わってもKevinとわかるキャラクターの立ち具合はすごすぎですよね。クリプトを超えて世界に出る可能性もあるかもー。

クリプトヘルメッツの二次創作コンテスト開催

クリプトヘルメッツは自由に利用していい「CC0」になりました。

「CC0」を記念して、二次創作コンテスト開催中!

素材となる白いヘルメッツを使い、自由に二次創作してTwitter投稿してみましょう。

#メッツコンテスト のタグを付けて投稿していただいた方の中から最優秀作品を決定し、レインボーヘルメッツをプレゼント!! ぜひコンテストにご参加ください!

これまでに応募された作品を貼っておきます。楽しんでみなさんあそばれているようですね

 

Murakami.Flowerのリリースが待ち遠しい

miinさんが最高にすばらしいここまでのMurakami.Flowerに起こったことと今後の見通しをnoteに書き起こしてくれました。まだお読みになってない方はぜひ読んでみてください。

村上さんは2022年の春のリリースとして再発表をしました。その後、2月中には出したいと思っていた節も垣間見えたのですが、2月中とはできなかったようです。制作現場ではいろいろ大変なこともありそうです。これらの様子も定期的に村上さんがメルマガで拡散してくれるので、とても安心感があります。

先週、発表されたのですが CloneXのうちMurakami Dripという要素を持つ2,916個の所有者はMurakami.FlowerのWLの権利を得られることが発表されました。CloneXでも高価なモデルであったのですが、権利が付くということで30ETH付近まで高騰しました。

CloneXとのコラボを通して村上さんは学ぶことがとてもあったともコメントされていました。NFTのプロジェクトは結構横のつながりも多いですので、Murakamiさんの今後もCloneXチームとの新しいコラボも期待したいですね。

販売予定個数は「11,664個」(108 x 180)となります。1万個というコレクタブルスタンダードに近い数字を持ってきた感はありますね。WLはCloneXの2916個が引かれると、8748個の争奪戦になりそうです。

昨年の販売活動時も明確に海外からの引きもとても強く大きな争奪戦が予想されます。販売方式の発表が待ち遠しい。

私もぜひ手に入れたいと思っています。

 

さいごに

Murakami.Flowerは1年ほど前のリリースの時も熱かったのです。1年待ったなーという感慨深さがあります。さらにCloneXとのコラボもあり楽しみが倍増です。世界の村上さんの作品はぜひ手に入れたいな。

免責事項: 本ニュースの情報により、みなさまに発生あるいは誘発されたいかなる損害について作者ならびに関係者は一切その責任を負いません。本ニュースはいかなる商品を勧誘するものでも、投資情報を提供するものでもありません

大手メディアのニュース

新しい経済

テッククランチコインポスト

コインデスク

NFT mu!

クリプトタイムズ

コインテレグラフ美術手帳

Coin Telegraph

PLAY TO ENARN

DappRadar

Decrypt

The Block

ONE37PM

NFT Evening

NFT Evening2

More from 週間 NFTニュースMore posts in 週間 NFTニュース »