Press "Enter" to skip to content

週間 NFTニュース #25 2021/07/26 〜OpenSeaがユニコーン企業へ/巨匠 ダミアン・ハースト氏のNFTの詳細/ PleasrDAOがCream FinanceからNFTを担保に資金調達 〜

〜OpenSeaがユニコーン企業へ/巨匠 ダミアン・ハースト氏のNFTの詳細/ PleasrDAOがCream FinanceからNFTを担保に資金調達 〜などをお届けします

このメディアでは1週間に起こったことをぎゅっとつめて、NFTの動向をパパッと把握できるようにしました。こちらで、リアルタイムでの情報発信もしています。また、本メディアは特定のNFTの購入を勧めません。紹介されたプロジェクトの安全性を保証するものではありません。投資する場合はご自身で、さらなる調査を行っていただき無理のない範囲での活動をおすすめします

 

OpenSeaがユニコーン企業に。$100Mの資金調達。市場価値1.5Bでユニコーン企業になりました

2021年のクリプト企業への投資案件の中でもトップクラスの金額です。Dapper Labs / Animoca Brands/ Sorareなどが現在進行形の案件も含めて大型の資金調達を果たしています。その他の多くのクリプト系プラットフォームで同様に2021年は企業への投資をうまく得ている時期となっています。

Sorare 590億円
Dapper labs 330億円
Animoca Brands 150億円
OpenSea 100億円

参照:https://twitter.com/coinjinja/status/1417712010624524298?s=20

 

OpenSeaは今回の資金調達を踏まえマルチチェーン対応を強化するとあり、Polygonの名前が挙げらています。2月にはFLOWTezos対応への準備をしていることを発表しています。現在の優先順位はPolygonであることは明確でその次に来るのはなんだろうかと興味が湧いてきます。

とりあえず、OpenSeaという言葉が似合うように汎用のNFT販売においてファーストチョイスのポジションを得ている強力なプラットフォームとなりました。このままマルチチェーン対応をしていくと、磐石なポジションを強固なものにできることは間違えありません。

 

ダミアン・ハースト氏のNFTが大ヒット10,000のドロップに対して60,000以上の応募が

著名アーティストのダミアン・ハースト氏がNFTを先週リリースし完売しました。The Loop Newsによる彼へのインタビューによると、今回のコレクションは「Currency」と命名され ており、実際に紙で作成されたアート作品で全てがユニークなものです。NTとして$2000で販売され、所有者は2ヶ月のうちに物理アートを手に入れるかどうかを表明する必要があるとのこと。請求されない物理アートは処分されます。

この10,000個のアート作品に対して6万のリクエストがあり6倍の倍率であったようです。$2000は手が届く金額帯でありました。金額に対しても多くの意見があったようですが、ダミアンは価格はコレクターと市場が決めるものときっぱりいっています。また、NFTが作り出すこの世界がとても好きで今後も活動をされることも明言しています。

リアルアートの巨匠の放った今後も期待できるNFT作品であったと思います。日本でも手に入れた方を複数確認しています。羨ましい限りです。

 

 

 

蒼井そらさんがNFTをリリース

中華圏で人気の日本人タレントの蒼井そらさんがBinance NFTにてNFTを発売しました。トップ商品は蒼井そらさんが描いた書のNFTとなっており、現在180万円相当の入札額となっています。3日後のオークション終了が楽しみです。また、動画をNFTとしたNFTが$100で販売されています。

5月から続いている日本のタレントさんの海外向けNFTリリースはとても期待しています。蒼井そらさんも中華圏で人気があるとのことで大ヒットを飛ばすでしょうか?今後もこの流れは続くと感じています。

 

参照: https://www.binance.com/en/nft/goods/detail?nftInfoId=297012&isProduct=1

参照: https://aoisola-cryptoart.com/ja/sola

 

PolygonがNFTとゲーム部門を創設

Ethereumのスケーリングソリューションとしてサイドチェーン/L2を展開しているPolygonが、NFTとGameに特化した部門 Polygon Studioを設立したことを発表しました。また、パートナーとして、 ATARI, Animoca Brands, OpenSea, Decentraland, SANDBOX, HORIZON, ZED, Polymarket, NEON DISTRICT, SMNIUM SPACEが名を連ねています。

Ethereumのガス代高騰の段階で多くのブロックチェーンゲームがPolygonへの移行を発表しました。また、最近NFTもPolygonで作成されるケースも多少でてきています。

ただし、Polygonの地位も盤石ではなく、 Axieは 、独自のチェーンRONINを運営、SorareはStarkWareのzkソリューションへの移行を完了したばかりです。また、NFT環境ではまだまだNFTの運営がしやすい環境があるとは言えません。

パートナー企業の名前からメタバースあたりへのテコ入れで、先んじる戦略にも見えます。有利であるが手を掛けなければすぐに競合にとられそうな状況です。Polygon Studioの活動がその状況を変えるでしょうか?

 

PleasrDAOがCream FinanceからNFTを担保に資金調達

NFTの所有を目的とした世界初の本格的なDAO PleasrDAOが所持しているNFTを担保に資金調達をしたというニュースが流れてきました。Cream Financeは DAO-to-DAO loan を用い$3.5Mを貸し付けました。これはCream Financeにとっても初の試みです。

https://twitter.com/CreamdotFinance/status/1415998512358035460?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1415998512358035460%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fcoinpost.jp%2F%3Fp%3D261768

 

担保に入れられたNFTはIronBankのウオレットに転送されています。このウオレットはPleasrDAO multisig, C.R.E.A.M. Finance multisig and Yearn Deployerによって管理されています。

https://foundation.app/@IronBankVault

Multi Sigを用いることによりそのウオレットを共同所有している状態をブロックチェーンで表現することができます。この仕組みによりNFTの担保化を行った例となります。面白いですね。

Cream Financeは今後もDAO間での貸し借りは増えていくことを想定しており今後のビジネスの展開も期待をしているとのことです。

ここまでくると既存金融は手が出る世界ではないように感じます。DeFiの更なるNFT世界との交わりが期待されます。

 

SUSHI TOP SHOTチームが音でNFTを送る

SUSHI TOP SHOTのチームが音によるNFT配信の試みを 7/24の夜に行いました。ユーザーは専用のアプリを起動した状態で待ち、動画の音声を聞かせることによりNFTを得ることができました。

https://twitter.com/Sushitopshot/status/1418922522276290560?s=20

今回は、寿司のメイキング動画によって行われました。仕組みとしては人間には聞こえない波長領域にデーターを埋めそれを専用のアプリで拾ってNFTがそれをトリガーとして送られる形でした。

今回はイベント的にチャットアプリを活用して行われ、イベント感がとても高いものでした。NFTに体験が付随しておりとても満足度の高い活動であると感じています。

音であるが故に物理的拘束が必要となります。この拘束により店舗での活用やYouTuberのイベント活用が見込まれているようです。

 

その他のニュース

大手メディアのニュース

新しい経済

テッククランチ

コインポスト

コインデスク

ダップスマーケット

クリプトタイムズ

コインテレグラフ

美術手帳

Coin Telegraph

PLAY TO ENARN

DappRadar

Decrypt

The Block

編集後記

統一感のないニュースがバラバラと来た週だと感じています。それだけNFTのマーケットに多様性が生まれて世界が広がったのでしょう。NFTという括りというよりもタグとして考えた方がいいのかもしれません。NFTだからではなく、これはNFTも使ってみたいな感じでしょうか。

 


ここまでお読みいただきありがとうございました。ぜひTwitterのフォローお願いします。
こちら

免責事項: 本ニュースの情報により、みなさまに発生あるいは誘発されたいかなる損害について作者ならびに関係者は一切その責任を負いません。本ニュースはいかなる商品を勧誘するものでも、投資情報を提供するものでもありません

 

More from 週間 NFTニュースMore posts in 週間 NFTニュース »